FC2ブログ

プロフィール

ここみ家

Author:ここみ家
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

いつまで続く?

いよいよ夏休みシーズンに入ります。
いつもと全然違う状況です。
もう悪化の一途を辿ってますね。
6月後半から少しだけ回復しましたが束の間の出来事。
GoToキャンペーンは東京除外やら、高齢者、若者の団体も対象外など、カンフル剤どころか更に国民感情を逆なでし、不安を増幅させ、むしろ全国でキャンセル続出です。本当に余計なことをしてくれました。観光業界にとっては有難迷惑以外の何物でもない。
先日のマスク配布策と言い一流の学歴を持った政治家、官僚のアイディアには恐れ入ります。
いくらこちら側がウィルス対策を講じて迎え入れる準備をしても、コロナ脅威の風潮が悪化し、旅行にお越し頂けなくなったら何の意味もなくなる。
ただ一つ思うことは、いつまでこの新型コロナに恐れながら生きて行かなければならないのか?
感染や、他人に感染させることは誰も望んでいないでしょう。
でも不幸にも感染してしまった場合、それは本当に悪で罪なのか?
最終的に恐れなければいけないのは死んでしまうことでは?
不謹慎かも知れませんが、日本では毎年何らかの理由で130万人以上が亡くなっています。
ちなみにインフルエンザや、最終的に肺炎での死因は約9万人以上です。
コロナに感染したら高確率でバタバタ死に追い込まれるウィルスなら怯えなければいけませんが、流行りだしてもう5か月近く経過。7/18日現在で984人です。ワクチン、特効薬無しでです。もちろん国民全体が予防対策を講じた上での数字ですから少ないとは言えませんが、この少なさに対しての怯え方は尋常ではない。
肺炎で9万人以上亡くなっていた毎年でしたが、こんなパニックにはなってなかった。
コロナでの1000人未満の死は悪でそれ以外の感染症、死因は仕方ないという扱いですか?
最近のコロナ感染者は無症状のケースも何割かあります。インフルエンザも肺炎も経験したワタクシですが、40度近くの高熱にうなされ、意識もうろう状態でした。無症状のインフルエンザなんか聞いた事ありません。
でも誰も私を恐れることなく、回復後も普通に接してもらえました。今のような予防策を講じていなかったのに家族にも感染させていません。
肺炎はさすがに入院しましたがインフルエンザでいちいち入院しますか?
コロナは軽症者も無症状者も入院させるから医療崩壊するのです。自宅待機で十分。入院しても重症者も含め99%回復してます。
本当によく分からない。
コロナは感染力の強いウィルスだし高齢者、持病持ちの方にとっては脅威であることに間違いありませんが、毎年の肺炎で亡くなられてる方もほとんどが同じ対象の方なのです。
今は同調圧力により私もマスク、手洗い、消毒、ソーシャルディスタンスなどを遵守していますが、こんな窮屈な生活、果たしていつまで続のか?
新しい生活様式をしていなかった今までは幸せだったなぁ、と改めて思う。
海外にも相当出かけたし、コンサートや大好きなプロレス観戦で声を張り上げたし、カラオケで友達と肩を組んで歌ってたし、混雑した飲食店でワイワイ騒いでいました。それがごく普通の光景でした。コロナ一つでほぼ不可能となりました。
こんな幸せはもう二度とこないのかと錯覚を起こしてしまう。私は既に40数年味わえたが、私より下の世代、自分の子供達がこのような自由をもう経験できずに生きて行かなければならないのかと思うと、不幸以外の何物でもない。
無症状の保菌者が存在するウィルスなど終息させるのは不可能かと思いますが。
そんなインフルエンザ以下のウィルスなら普通に共存するしかないのでは?
それは無責任、感染を容認するのか?死者が出ても良いのか?というのであればこれまで毎年9万人以上死亡させてる肺炎死者の方々に対して整合性、示しがつかないのでは?インフルエンザに感染させた人、予防接種すら受けてなかった人も多数いましたよね。
誤解を恐れず言いますが、肺炎なり、癌なり、その他の感染症、交通事故、自殺、他殺、・・・死ぬ時は死ぬのです。これまでみんな無意識に容認していたではありませんか?
このままでは観光業界はじめ、飲食店、イベント業、劇場関係、プロスポーツ全般など、これまでの形の営業は出来なくなり経営が立ち行かなくなる。
もしコロナウィルスと普通に共存し、このまま感染者が増えたとして、今年が終わった時点で果たして今の死者数984人から9万人程に迫るでしょうか?届かなかったら届かなかったでもちろん喜ばしい事ですが、じゃあこれまでの努力、ズタボロになった経済、無駄に散財した税金は何だったのか?という話になる。それともワクチン完成まではこのまま怯え続けるのが正しいのか?
数年後、答えは出てるとは思いますが。

<< 9年ぶりです! | ホーム | 夏バテ防止 >>


 BLOG TOP