FC2ブログ

プロフィール

ここみ家

Author:ここみ家
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

薬物はダメ!

あっという間に一ヶ月終わりました。
この一ヶ月、仕事らしい仕事はなく、ただただ強制的に引きこもらされている生活。
ワクチン供給への時期が来るまでは我慢ですかね。
生殺し的な緊急事態宣言は続いたまま。
Gotoキャンペーンも勿論停止のまま。で、感染収束のタイミングでGoto再開みたいな予算組まれていますが、考えただけで頭が痛い。何も嬉しくないし、いっそ廃止にして貰いたい。
あんなのはただのドーピング注射。もっと悪く言えば覚せい剤ならぬ薬物です。
確かにカンフル剤としての一定の効果は証明出来ましたが、開始時も混乱。停止時(終了時)も混乱。
副作用が強く、一度この注射を打ったら、あまりの旨味に皆が飛び付き、いざ急に無くなると通常の料金が高く感じてしまいソッポを向かれる。
人間の心理なんて結局は少しでも得はしたいし、お得感が無くなると急に損した気分にさせられる。
血税を使って旅行させたから感染者が増えれば余計に批判される。売上伸びても血税のおかげと素直に喜べないし、打ち切りになって困窮すればザマァ見ろと同情されない。一時的な売上UPの幻想に踊らされ、後に奈落の底に落とされる。薬物そのもの。
こんな薬物を使わなくても"旅行に行くのは構いませんよ"と言う風潮さえあれば旅行に行きたい方々は行きますから。
宿泊施設側もお得なプランを作ったりサービス向上を宣伝したり企業努力します。それで予約獲得ならば誰も文句は言わないのに。
こんな単純な構図も分からないのか?
副作用が起こるのも去年4ヶ月試して検証出来たではないか?
今、緊急事態宣言にて観光事業は困窮はしているが、薬物を止められ真っ当な営業へと更生できるチャンスでもある。なのにそれでもまた1兆円もの予算計上し、薬物投与を半強制的にされ同じ過ちを繰り返しに行くとは。
政権与党や官僚は本当に頭が良い生き物なのかを疑う。
一般市民感覚、心理を理解出来ない役人の考えた思い付き政策に付き合わされるのは、ありがた迷惑でしかない。
彼らが余計なアイディアを出さない事が観光業への一番の支援かと思う。

<< 自粛の影響 | ホーム | 2021年スタート >>


 BLOG TOP